実例紹介

可搬式音響システム

キャリングアンプ1台にほとんどの機能が集約されており、
使用時には、キャリングアンプとスピーカーを接続するだけで、
最大出力100W×2の本格的な音響システムが利用できます。

ワイヤレスは、300MHz帯で構成しているため、
通常設備で利用される800MHzとの電波干渉もなく、
安心してご利用頂いています。

【システムの規模】
キャリングアンプシステム 1台
ワイヤレスチューナー 3台
ワイヤレスマイク ハンド型 3本 タイピン型 1本
スピーカシステム 4台

クライアント

某幼稚園様
制作前にあった課題点